EARTH STUDIO

Home > ビジネス> EARTH STUDIO

大阪でのフォトウェディングならEARTH STUDIO(アーススタジオ)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディングなら大阪・玉造にあるEarth Studio(アーススタジオ)へ。家族写真、キッズ・ベビー写真、マタニティ写真など、ナチュラルでありのままを撮影する写真スタジオです。

結婚式場を検討する際には、ブライダルフェアを利用しましょう。結婚式は高価であり、一生の思い出になるものです。ブライダルフェアで事前チェックをして、お気に入りの会場を見つけましょう。まずは、時間が許すならば複数のフェアに参加しましょう。ブライダルフェアはカップルで参加しなくてはいけないと思い込んでいませんか。実際は、母親と参加したり、一人で参加する方も多いです。母親と参加するメリットは、親の意向を確認できることです。会場が決まってから親に報告して、他の会場に変更することになったなどのトラブルを回避することができます。また、親戚目線、上司目線で会場をチェックしてくれますし、母親の経験からアドバイスももらえます。自分側の意見ばかりを取り入れては、相手側の家が不満に思います。相手の親の意見を聞いて、取り入れるようにしましょう。両家の親交を兼ねて、お二人とお互いの母親の4人で行けば、後で両家が揉めることもありません。ブライダルフェアに持って行くと便利なものは、カメラ、ペンとメモ帳、大きめのカバンです。撮影ができるカメラやスマートフォンは必須です。気になった場所は、会場スタッフに断ってから撮影しましょう。撮影禁止の場所もあるので注意が必要です。気になった個所はメモを取りましょう。事前に確認したい項目をリストにして、会場でチェックすれば、見落としが減ります。ブライダルフェアではパンフレットやカタログを沢山もらいます。A4サイズのパンフレットやカタログが多いため、大きめのカバンを持参しましょう。実際に会場に行ってみると、建物やトイレの綺麗さ、料理の味、従業員の対応など、思っていたことと違う点が沢山あることに気づきます。衣装や食事、引き出物など、ブライダルフェアではあらゆることのシミュレーションができます。結婚式は大切な思い出になるものです。複数のブライダルフェアに足を運んで、お気に入りの式場を見つけてください。
PAGE TOP ↑