クリエイト・エム・ビザインフォメーション

Home > 趣味> クリエイト・エム・ビザインフォメーション

オーストラリアETAS申請代行!即日登録完了! お一人様600円 | クリエイトエム


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オーストラリアETAS申請代行、年内登録は12/29 12時迄受付。営業時間内なら即日申請完了。公式ビザ番号発行で登録後の確認も簡単。FAX、郵便での申込も可能。領収書発行可、公式サイトより安い!旅行会社の安心登録です。

オーストラリアビザには、いくつかの種類があります。オーストラリアに入国するためには期間に関係なくビザが必要となります。3ヶ月以上の滞在には、学生ビザやワーキングホリデービザで入国が可能です。それ以下での期間の滞在には、観光ビザやETAで入国が可能です。また、どのビザを利用して入国するかは、個人の条件や状況によって変わります。取得条件や取得方法はビザ廃止などによって改正されるのでチェックが必要です。オーストラリアビザの種類の分類は、サブクラス(subclass)という番号によって分類されます。例えば、中学高校に入学希望の学生や短期留学生用の一般学生ビザは、subclass 571 です。また、ELCOS認定校での就学希望の学生用のELICOS 英語集中講座コース用学生ビザは、subclass 570 です。政府認定校の職業認定校の職業訓練コースや専門分野を学ぶコースで就学を希望の学生用の職業訓練コース用学生ビザは、subclass 572 です。他にも学生ビザには、subclass 573 から subclass 576、subclass 580 があります。働くための就労ビザでは、1年間の就労が認められるファースト・ワーキングホリデービザは、subclass 417 で、セカンド・ワーキングホリデービザも同じです。他にも就労ビザには、8種類あり、すべてにサブクラスがあります。他にも、一時滞在ビザなどあり、それらすべてにサブクラスの分類があります。これらのオーストラリアビザのうち学生ビザやワーキングホリデービザは、eVisa申請と呼ばれるオンラインのサービスを利用することができます。オンラインサービスなので、時間短縮や情報管理、審査状況を自分で確認することができます。利用する上での注意点は、審査が直接オーストラリア国内の事務所で行われるので、問い合わせは英語でのヘルプデスクを通じてのみでしか行えません。移民への法律が大幅に改正されたため、ビザ申請が厳しくなっているので、ビザを却下された場合や専門的な知識がわからない場合は専門家に相談することが必要となります。

注目キーワード

交換留学
国同士或いは学校同士が提携し、お互いに留学生を交換しあうこと。 国際的な相互理解の向上が期待される。 日本の文部科学省は世界各国に親日家を増やすために積極的に取り組んでいる。
NOVAうさぎのゲームde留学!?
KONAMIが出した英語学習ゲーム。2006年10月12日からゲームセンターで稼働中。 語学スクールのNOVAが責任監修しており、問題もネイティヴのスタッフによる問題作成の他、全問題にネイティヴスピーカーの音声付きで安...
PAGE TOP ↑